任意売却の仕組みと、成功と失敗

一般的に所有する不動産を売却する場合、もしその不動産に抵当権が設定されていたら
売却時に債権者へ借入金を全額返済して抵当権を解除してもらわなければなりません。

しかし、売却代金で全額返済できなかったり、不足分を自己資金で補えなえない場合
でも抵当権の解除を承諾してもらって売却することを任意売却と言います。

つまり売却後も借入金が残ってしまう売却方法を指します。
任意売却を成功させるには所有者はもちろん、債権者つまりお金を貸してくれた金融機関
の協力と、売却を担当する不動産業者の任意売却に対する認識力や経験が最重要事項です。

債権者が非協力的だったり担当する不動産業者が任意売却の経験不足ですと
売却出来ずに競売になってしまう可能性が高いです。


また、債務者が販売に対して非協力的ですと購入希望者と契約締結まで至らないので
競売になってしまう可能性もあります。

従って、債務者債権者及び販売を担当する不動産業者の三者が協力して取り組みませんと
任意売却の成功は望めません。


特集 - 買いたい

一戸建て

マンション

  • 画像リンク

    【加盟協会の概要】

  • 任意売却について

    ↑詳細はこちらをクリック↑

  • 賃貸ホームページ

       賃貸物件はこちら♪

  • 画像リンク

    🏡instagramやってます🏡