任意売却と競売の違い。競売の回避方法。

任意売却は売却しても借入金を全額返済できずに債務が残ってしまいますが、
そのほかは通常の不動産売却と同じです。


任意つまり債務者の意思で売却することを指します。
一方、競売は正式には一般競争入札と言って債権者が債務者や連帯保証人が所有する
不動産の売却を裁判所へ申し立て、債権者の申し立てが正当と立証された場合に裁判所が
職権(裁判所の権限)で強制的に売却することを指します。

任意売却は債務者の意思で売却するので明渡しの時期などもご自身で決めることができます。

また、売却後の返済方法や返済額の希望などが通り易いです。一方、競売は競売費用は
遅延損害金などが上乗せされるので借入金がどんどん膨らんでしまいます。

また、競売の場合は室内を内覧しないで購入しますのでおのずと任意売却より安価での
売却となってしまう可能性が高いです。


従って、競売は債務者にとって全くと言っていいほどメリットがありませんので、返済が困難
になった時や今後返済が困難になりそうだと感じたときは躊躇せずすぐに任意売却などの
方法で解決に取り組んだほうがよろしいです。


特集 - 買いたい

一戸建て

マンション

  • 任意売却について

    詳細の内容です。ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。