住宅ローンの抵当権(担保権)について 

抵当権とは、金融機関(債権者)がお金を貸し付ける時に、担保(保証)として
借主が提供する不動産を確保することを言います。

この確保することを「抵当権」と言い、確保できたことを公に証明することを「抵当権の設定」
と言います。

抵当権には「抵当権」と「根抵当権」があります。抵当権は「確定債権」と言って、
借入金額が債権債務となり、根抵当権はその金額以内の金額であれば返済と借入を
繰り返せる性質となります。

従って、前者は住宅ローンなど再度の借り入れを起こさず返済だけの権利であり、
後者は事業資金の調達などに持ち入れられる権利です。
抵当権、根抵当権のいずれも借主が返済を怠れば(一般的には6カ月以上)債務者は
「期限の利益」を喪失するため、債権者は担保権の実行により競売を申し立てて貸し付けた
金銭の回収を図ります。

抵当権(根抵当権含む)は登記した順位によって先取りする権利が生じますが、
マンションの管理費等や抵当権設定以前に支払い義務が到来している税金は抵当権に
優先して先取りする権利があります。


特集 - 買いたい

一戸建て

マンション

  • 画像リンク

    【加盟協会の概要】

  • 画像リンク

    ↑↑↑ 必見です ↑↑↑

  • 任意売却について

    ↑詳細はこちらをクリック↑

  • 賃貸ホームページ

       賃貸物件はこちら♪

  • 画像リンク

     🏡instagramやってます🏡