任意売却が可能な滞納期間と状況とは

基本的に住宅金融支援機構を除いた金融機関で任意売却による返済を認めている
金融機関の任意売却は、6カ月間の滞納をしたり、自己破産などの任意整理を行うことで
期限の利益の喪失をすれば任意売却が開始できます。

しかし、任意売却は一切認めず競売での回収しか受け付けない金融機関も一部ありますので、
あらかじめ金融機関に問い合わせが必要です。

販売活動を開始して3~6カ月経過しても売却に至らない場合、債権者は並行して競売を
申し立てます。もちろん競売中でも開札日前日まで任意売却は可能ですが、実際には
開札日の約一カ月前までに買主が決まっていませんと住宅ローンも申し込みや審査、
債権者は抵当権抹消に必要な書類の準備が間に合いません。

抵当権者が1社だけですと時間が押し迫っていても協力してもらえる可能性が高いですが、
いわゆるハンコ代だけの後順位債権者はめんどくさがって非協力的なケースが多いです。


特集 - 買いたい

一戸建て

マンション

  • 画像リンク

    【加盟協会の概要】

  • 画像リンク

    ↑↑↑ 必見です ↑↑↑

  • 任意売却について

    ↑詳細はこちらをクリック↑

  • 賃貸ホームページ

       賃貸物件はこちら♪

  • 画像リンク

     🏡instagramやってます🏡