連帯保証人がいても任意売却できるか?

連帯保証人(以下、保証人)がいても任意売却することは可能です。

ただし、保証人の協力と信頼関係が重要となります。任意売却する以前に滞納が発生
した時点で債権者から保証人に対し、返済の督促が行われているので保証人はすでに
債務者の経済状況を理解しています。

従って、謝罪したうえですべてを説明し、できる限り迷惑を掛けないよう手続きをしなければ
なりません。
任意売却することを債権者が認めた場合、保証人は売却完了後に債権者と残債務の返済
について話し合いを行わなければなりません。
保証人は債務者と同等の立場ですから本来債務者と同じような返済方法や返済額を要求
されると思われますが、実際には比較的債務者より寛大な対応をする債権者が多いと思います。

従って、保証人に対し、資産を売り払っての返済を要求したり、保証人の不動産に抵当権を
設定するなど強引な回収を行う債権者を見受けることは非常に少ないと思います。


特集 - 買いたい

一戸建て

マンション

  • 任意売却について

    詳細の内容です。ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。