連帯債務者と連帯保証人との違いは?

定義では異なりますが、実生活において連帯債務者と連帯保証人はあまり差が無いように
思います。連帯債務者とは1物件について複数人で購入する場合の債務者を指します。

例えば、ご主人と奥様がそれぞれの収入を合算してマイホームを購入した場合、所有権は
ご主人と奥様が分け合って所有いたします。
その場合、ご主人も奥様も債務者としてローン全額に対して保証し、返済をする義務が発生
いたします。一方、連帯債務者は債務者個人に対して保証しますので、ご主人が返済を滞納
しない限り返済の義務は生じません。
万が一債務者が滞納した場合、債権者からの要請で債務者に代わって返済をしなければ
なりません。

いずれの場合でも債務者が返済を滞納した場合は、債権すべてについて債務者と同等の
返済義務が生じることになります。
そのほか連帯債務者の場合は、住宅ローン控除の適用が受けられますが、連帯保証人では
受けられません。


特集 - 買いたい

一戸建て

マンション

  • 任意売却について

    詳細の内容です。ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。