親族間売買と相続関係について

親が所有する不動産を親族、主に子供が買い取ることを親族間売買や親子間売買と言います。

何らかの理由で親がローンの返済が困難になってしまったが、どうしても手放したくない場合に
用いられる特殊な取引形態です。
この取引の最大のメリットは、新たにローンを組むことで返済期間が大幅に延長されるため、
月額の返済額が非常に低くなることで返済が負担にならないことです。

そのほか、高齢者が同居している場合、引越しでの身体的負担を掛けることを回避できます。
一方、デメリットは、親のために住宅ローンを組んでしまうとそれが完済するまで自らが所有する
目的で新たにマイホームを購入することができません。

また、親族間売買について一般の金融機関は融資を認めませんので、専門の金融機関で
一旦購入し、その後しばらく経過した後に借り換えをするスキームを採られるケースが一般的な
取引方法となっております。


特集 - 買いたい

一戸建て

マンション

  • 任意売却について

    詳細の内容です。ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。