親子3人の共有名義で家を購入

ご相談内容

埼玉県富士見市にお住まいのKさんからご相談頂きました。
母子家庭で母1人、娘さん2人の3人家族。次女が就職して数年経った頃、夢だった
マイホームを持とうと家を購入することにしたそうです。
ですが母親が50歳と言うことも影響しローンの審査が通らず、それならと長女、次女を含めた
3人の収入合算で審査をし、これからも3人で頑張っていこうと各自の負担を1/3にし
住宅ローンの組むことにしたそうです。
ですが、30代だった次女は、ローンを組んで2年で結婚。家を出て行くことになったそうです。
徐々に次女の支払いが遅れだし、ついには支払いをしなくなったそうです。
母と、長女2人でローンの返済を頑張ってきましたが、お母様も定年退職となり年金生活。
長女に負担がのしかかることになり、払い続けることは難しいとご連絡を頂きました。




ご提案内容と解決方法

これ以上払い続けることは難しく、またお2人も無理して住み続けるよりは、家を売却して
平穏な生活がしたいというご希望だったため、任意売却をすることとなりました。
問題だったのは3人の共有名義だったものの、次女のHさんが家を出ており遠方に住んで
いること、また絶縁状態ということで連絡を一切取っていないと言うことでした。




任意売却後の生活

次女のHさんにも売却の同意を取り付け、任意売却をしました。
Kさんは会社員ということで、債権者との合意も比較的スムーズに進みました。
無事に家の売却が終わり、お二人は新しい生活をスタートされています。




ご感想

妹とは話しもしたくなかったので、希望通り、1度も顔を合わせる事無く家を売ることまで
終えてくれた相談員の方には感謝しています。

所在地:埼玉県富士見市
職業:会社員
年齢:40代
家族:母、妹
物件種別:戸建
残債:非公開
売却価格:非公開


特集 - 買いたい

一戸建て

マンション

  • 画像リンク

    【加盟協会の概要】

  • 画像リンク

    ↑↑↑ 必見です ↑↑↑

  • 任意売却について

    ↑詳細はこちらをクリック↑

  • 賃貸ホームページ

       賃貸物件はこちら♪

  • 画像リンク

     🏡instagramやってます🏡